2010年06月18日

<横浜弁護士殺害>車に前野さんの血痕 不明の男を指名手配(毎日新聞)

 横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で2日、所属弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部が殺人容疑で逮捕状を取った男(41)名義の乗用車内から血痕が見つかり、鑑定の結果、前野さんの血液であることが10日、捜査関係者への取材で分かった。男は千葉県市川市在住だが所在不明になっており、捜査本部は全国に指名手配した。

 捜査関係者によると、事務所内に男の名前が載った離婚調停に関する資料が残され、目撃情報からも男の特徴と一致したという。男は前野さんと離婚調停をめぐるトラブルがあったとみられる。【吉住遊、中島和哉、山田麻未】

【関連ニュース】
中国指名手配:ウアルカイシ容疑者を逮捕 警視庁
明石殺人:大学1年の三男を指名手配
見当たり捜査員:指名手配500人を追って雑踏に
長崎警官重軽傷:容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配
警視庁・見当たり捜査:目で目元を追え! 手配写真500枚、記憶力の勝負

富士通元社長辞任…「反社会的勢力と関係」? 名誉毀損訴訟第1回口頭弁論(産経新聞)
<年金機構>長期派遣受け入れ 労働局が是正指導(毎日新聞)
中畑氏「石井浩郎をよろしく」秋田で初遊説(スポーツ報知)
「殺される」と相談、警察が放置…淀川女性遺棄(読売新聞)
早稲田大 新総長に鎌田薫・法学学術院教授を選出(毎日新聞)
posted by フカセ トシハル at 16:50| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

世帯収支赤字38%、失業の不安23%…連合調査(読売新聞)

 連合総研は11日、賃金や家計に関するアンケート調査の結果を公表した。

 毎年4月と10月に行っており、今回の調査は、首都圏と関西圏に住む20〜50歳代のサラリーマン739人が対象。

 発表によると、過去1年間の世帯収支が赤字だった人は全体の38・6%に上り、5年後の賃金が「現在より高くならない」と答えたのは54・9%。いずれも前回調査で項目がなかった統計という。また、今後1年間、失業の不安を感じるとした人は、前年同月と同じ23・5%だった。連合総研では「経済成長への期待の薄さや政治への不信感で、将来展望を描きにくくなっている」とした。

民主党代表選告示、立候補受け付け始まる(読売新聞)
14日に進退表明=民主・小林衆院議員(時事通信)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
あて逃げ・ひき逃げ12キロ、ヘリ追跡の逮捕劇(読売新聞)
会期延長は不要=民主・輿石氏(時事通信)
posted by フカセ トシハル at 00:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

野口さん帰還 日本の有人活動に土台 宇宙開発“1軍入り”(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)から2日、帰還した野口聡一さんの長期滞在で、日本の有人宇宙開発は国際チームの中で「一軍」の地位を固めた。独自の科学実験だけでなく、他国との共同研究も加速。今後の有人活動を支える土台を築き上げた。(長内洋介)

 日本人のISS長期滞在は、昨年の若田光一さんに続いて2人目。だが、ロシアのソユーズ宇宙船で往復し、6人体制で半年近くに及ぶ長期滞在の“フルコース”を乗り切ったのは野口さんが初めてだ。

 日本人飛行士は古川聡さん(46)が2011年春、星出彰彦さん(41)が12年夏から約半年間、長期滞在する。日本が約20年にわたり依存してきた米スペースシャトルは今秋に退役し、今後はソユーズがISSの有人飛行を独占する時代が始まる。

 こうした時代の流れと実験棟「きぼう」の本格運用を機に、日本はロシアとの関係強化に動き出した。

 日本は従来、宇宙実験に使うタンパク質の試料をロシアに有償で打ち上げを依頼していた。だが、きぼう運用後は実験機会を提供する見返りに、無償で打ち上げてもらうギブ・アンド・テークの関係を構築した。

 また、宇宙航空研究開発機構は昨年10月、モスクワのロシア施設内に事務所を開設。シャトルの発射基地がある米ケネディ宇宙センター内の駐在員事務所は夏にも閉鎖する方針だ。

 一方、きぼうでは生命科学や新材料などの実験が進展したほか、国際協力も活発化した。野口さんは欧米の医学実験に被験者として参加。5月からは日欧露の初の共同研究として、宇宙放射線の影響を調べる実験も始まった。

 主体的な研究と国際協力は、自前の実験棟を運用し、飛行士が長期滞在して初めて可能になるもので、日本の有人技術が確固たる地位を得たことの表れだ。

 ただ、世界の宇宙開発が大きな転換点を迎える中で、きぼうは費用対効果が厳しく問われている。日本は研究成果を着実に積み上げるとともに、将来の有人戦略につながる新たな意義を見いだす努力が必要だ。

【関連記事】
野口さん、親しみやすい飛行士として活躍
「冷たいビール欲しい」野口さん家族のもとへ出発
日米露の関係者が野口さんらクルーを絶賛、祝福
野口さん搭乗のソユーズが帰還 カザフスタンに着陸
野口さん帰還 有人活動の土台築く 国際協力も加速
「はやぶさ」帰還へ

首相と谷垣氏がさや当て=日医パーティーで(時事通信)
救急相談、モデル事業継続に疑問の声(医療介護CBニュース)
契約後の法規制に賠償認めず=土地汚染で買い主敗訴―最高裁(時事通信)
検察審への電話、辻氏に自公が公開質問状送付へ(読売新聞)
ローソン子会社元専務ら逮捕=不正流用で115億円損害―特別背任容疑・東京地検(時事通信)
posted by フカセ トシハル at 05:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。